2013年開業の高級ホテル「インターコンチネンタルホテル 大阪」。満足度の高さは、大阪はもとより国内でもトップクラスに位置します。近代的なビルの高層階に位置し、ホテルエリアは非常に綺麗で洗練された空間となっています。

詳細地図
お部屋の広さ49㎡~
トイレ上位モデル バスタブ全室あり(シャワーブースあり)
開業2013年
規模中規模 部屋数272室
36,000
【大阪へ行くなら楽天トラベル】
1、多くの人が利用!
国内最大規模のホテル予約サイトである楽天トラベルは、多くの方々に利用されています。ぜひ、宿泊予約は楽天トラベルをご利用ください。

2、航空券と一緒がお得!
大阪への交通手段としてJALやANAと、ホテルをセットで予約することで旅行費全体がお得になります。予約も一括で行うので時間短縮に!ぜひ、楽天トラベルの「航空券+ホテル」セット予約をご利用ください。



大阪へ行くならまずこのページ!人気の宿泊エリアや厳選したおすすめホテルをご紹介。



場所は大阪駅の北に位置するグランフロントです。大阪・梅田駅から徒歩6分、駅とはビルを介して直結しているため移動はスムーズに行えます。周辺には商業施設が立ち並ぶため、買い物に便利な場所です。

ロビーは20階にあります。エレベーターを降りると目の前にフロントがあり、開放的な空間でチェックインができます。つくりは写真のようなテーブルがあるだけなので、高級感を意識したものではなくカジュアルな雰囲気となっています。

お部屋(デラックス ダブルビュー)
今回紹介するのは「デラックス ダブルビュー」です。最もスタンダードなデラックスダブルと同じ内容であり、窓からの展望が異なるだけです。グランフロントは狭い間隔でビルが立っているため、角度によっては目の前にビルがあるという状態になります。景色を楽しみたい方はご注意ください。

入り口を入ると正面にベッドルームがあり、右にバスルーム、左がクローゼットという配置です。写真からも分かる通り近代的なつくりであり、スッキリとした見た目です。

まずはベッドルームの紹介です。広さは47㎡以上となっており、大阪はもとより国内の都市型ホテルの中では最高クラスの広さを誇ります。所々に和のテイストも加えられた落ち着きのある空間です。

ベッドはキングサイズです。ベッド周りもスッキリしたデザインのため、高級ホテルでありながらも自然な雰囲気で横になることができます。

ソファは窓際に2つ置かれており、ベッド横にあるくつろげるタイプと、テレビ側にあるチェア型の2つのタイプがあります。好みによって使い分けることが可能です。

写真からも分かる通りバスルームが綺麗に輝いています。モダンな空間であり、非の打ち所はほぼ無いといったつくりです。

テレビはベッドの正面にあります。パナソニック製の42インチですが、写真からも分かる通りベッドから距離があるためかなり小さく見えます。50インチ以上は欲しかったところです。

大きな特徴としては、テレビ下の黒い部分がBOSEのスピーカーであり音質はとても良いです。ホテルでスピーカーを設置しているところはまず無いため、こだわりといえるでしょう。

デスクスペースです。ガラステーブルで見た目もスッキリしており、イスもクッション付きで優れています。またデスク横には石のオブジェのようなものがあり、和の演出がなされています。

無料でいただけるものとしてウェルカムスイーツが用意されています。これは時期によって異なりますが、この時期はゼリー状のあんみつのような和菓子でした。この他にもカプセル式のコーヒーメーカーも設置されています。

窓から見える景色です。西側のためスカイビルや福島のタワーマンションがいくつか見えるだけであり、あまり良くはありません。東側やコーナーであれば梅田らしい景色を望むことができます。

バスルーム
落ち着いた雰囲気のベッドルームとは異なり、バスルームはスタイリッシュな空間です。大理石や大型の鏡など、非日常的な空間が広がります。

配置としては右手前がトイレ、右奥が洗面台、そして左側がバスタブなどがあるお風呂となっています。

良く手入れがされているため清潔感があります。このクラスのホテルらしくアメニティや水が置かれていたり、タオルや鏡が豊富にあります。

そしてこちらがバスエリアです。美しさのあるスタイリッシュな空間です。

バスタブの隣には洗い場が設けられており、通常のシャワーの他に天井にはレインシャワーも設置されています。そしてバスタブはオープンな状態で置かれており、一味違ったバスタイムを楽しむことができます。

アメニティはアメリカの「AGRARIA(アグラリア)」です。柑橘系の良い香りがし、ボトルに入っているため見た目も綺麗です。バスソルトは桜、そして写真にはありませんが緑色の竹も用意されています。

その他
施設面では全長20m、幅10mの屋内プールや、日本式の浴場やドライサウナ、ミストサウナを備えた大浴場が設けられています。

どちらの施設も宿泊者は無料で利用することができますが、ジム会員との兼用であるため利用者もそれなりにいます。また、移動の際は一度フロント前を通る必要があるため、あまりラフすぎる格好では行けないという欠点もあります。

食事に関してはフレンチとロースト・グリル料理を提供するレストランの2つがあります。バーはプロジェクションマッピングが楽しめる華やかな雰囲気が特徴です。詳しくは【レストラン一覧】をご覧ください。

まとめ
以上が、インターコンチネンタルホテル 大阪でした。

お部屋の内容など全ての面で優れており、多くの方にとってはかなり満足した滞在になるでしょう。特徴としては高級ホテルでありながらもカジュアルな雰囲気があるという点であり、特に比較対象となる「リッツカールトン」や「セントレジス」とは路線が異なります。

非日常的でラグジュアリーな空間というよりも、居心地の良さや機能性を重視したいという方に向いており、その点でも満足度の高さに繋がっています。普段は高級ホテルを利用しないという方にも、敷居の高さを感じさせない雰囲気です。
【ホテル予約は国内最大規模の楽天トラベル】
【ホテル予約は国内最大規模の楽天トラベルで】
ユーザー満足度4★★★★☆ お部屋の内容5★★★★★
立地4★★★★☆ お部屋の広さ5★★★★★
36,000

【こちらのホテルは楽天トラベルで】
こちらのホテルを予約される際は、ぜひ安心の楽天トラベルをご利用ください。国内最大規模のホテル予約サイトなので多くの方が利用しています。ホテル予約は安心の楽天トラベルで!
【このホテルは楽天トラベルで】
こちらのホテルは、ぜひ安心の楽天トラベルをご利用ください。

国内最大規模のホテル予約サイトだから多くの人が利用!ホテル予約は安心の楽天トラベルで!
最終更新日: 2018年1月11日