• マカオ
    【マカオ おすすめ】全てのホテルの中から厳選した良質なホテル
  • 香港
    【香港 おすすめ】全てのホテルの中から厳選した良質なホテル
  • マカオ
    【マカオ 高級】上質な空間と高いサービス ラグジュアリーホテル集
  • ソウル
    【ソウル おすすめ】全てのソウルのホテルの中から厳選した良質なホテル
  • 香港
    【香港 格安】安くて快適な空間を提供してくれる格安ホテル
  • 台北
    【台北 おすすめ】全ての台北のホテルの中から厳選した良質なホテル
当サイトでは、掲載しているホテルを1つ1つしっかりとチェックしています。

開業年や立地、客室の広さ、バスルームの作り、清潔感、海外であればウォシュレットの有無や日本語が通じるかなど、多くの人が気になる部分を重点的に調べ、優れたホテルを中心に掲載しています。

データに基づいて評価をしており、これから宿泊する皆さんが満足できることを一番に構成しています。ぜひ、ホテル選びの参考のひとつとしてご利用ください。

「おすすめの数値」について
当サイトでは各ホテルを1~5のおすすめ度で表示しています。客室やサービスなど様々なデータに加えて、主要予約サイトの口コミ点数も考慮して"満足できるか"を総合的に判断した値です。

またコストパフォーマンも重要な要素で、高級ホテルは高く格安ホテルだから低いということはなく、価格に見合ったホテルか、そのクラスを利用する人が満足できるかを中心に点数化しています。

おすすめ 5R5: 当サイトで調査した結果、特に良質なホテルがこちらになります。立地の良さや客室の設備等が優れているなど、多くの人にとって満足できるホテルがこちらです。

おすすめ 4R4: 当サイトで調査した結果、比較的優れたホテルです。立地や客室、コストパフォーマンなどを総合すると優れていますが、どこか優れない箇所があったり、もしくはトップ層よりもやや満足度が低いホテルがこちらになります。

おすすめ 3R3: コストパフォーマンに見合った標準的なホテルです。宿泊費から見て、客室の広さや設備などは"普通レベル"であり、特別良くも悪くもありません。やや古いホテルが中心です。

おすすめ 2R2: データ上では他と比べて劣るホテルです。建物の古さや立地の悪さが主な要因なので、他のホテルに選択を切り替えるのも良いでしょう。

おすすめ度1R1: データ上では優れていないホテルです。基本的には掲載していません。


「客室の広さ」について
当サイトでは、ホテルの紹介文に「客室の広さが○○㎡~」と記載していることがあります。数値では分かりづらい部分もあるので、おおよその目安を紹介しています。

40㎡以上: 外資系を中心とした一流ホテルがこちらにあたります。都市部のホテルでは40,50㎡~が最高クラスであり、広々とした贅沢な空間が広がります。また、リゾート地のホテルであればこれを大きく上回る80㎡などというケースもあります。

30~39㎡: ワンランク下の高級ホテルがこちらに該当します。主にヒルトンやハイアットリージェンシーなどのツインルームやエグゼクティブルームに多く、2人で宿泊しても余裕のある広さです。また、このクラスであればバスルームの作りもしっかりしています。

25~29㎡: シティホテルやハイクラスホテルのツインルームがこちらに該当します。2人で宿泊する際の標準的な広さであり、特に友人とや年配の夫婦であればこの辺りが良いでしょう。

20~24㎡: シティホテルやハイクラスホテルのダブルルームがこちらに該当します。1人での利用も想定されているので、それほど広さに余裕はありません。2人で宿泊する場合はカップルや若い夫婦での利用がおすすめです。

17~19㎡: 主に上級のビジネスホテルが該当し、ダイワロイネットなど余裕のある客室を売りにしているホテルがこちらです。1人で滞在するのであれば余裕がありバスルームもやや広く作られています。

14~16㎡: 標準的なビジネスホテルのサイズです。1人で滞在するのであれば特に問題なく過ごせるでしょう。ビジネスホテルのシングルルームの多くがこの数値に収まっています。

~13㎡: 格安ホテルがこちらに該当します。12㎡,13㎡であれば体感的にはひとつ上のクラスと変わりませんが、違いとしてバスルームが狭い傾向にあります。その他にも大浴場の関係でシャワーブースのみや、新しいホテルで間取りが工夫されている場合もあるので、一概に窮屈であるとは限りません。


「バスルーム」について
国内ホテルにはバスルームを表記しています。こちらは標準ルームのバスルームであり、クラブルームやスイートであればこれ以上ということもあります。

独立型: 「お風呂・トイレ・洗面台」の3点が独立、もしくは「お風呂・トイレと洗面台」の2点が独立したタイプです。高級ホテルを中心に、新しいハイクラスホテルもこのスタイルを導入しています。バスタブの他に洗い場やシャワーブースがあり、お風呂に入りやすく洗面台も使いやすいのが特徴です。

ユニットバス: 通常のビジネスホテルがこの形です。バスルームを開けると「トイレ・洗面台・バスタブ」が同じ空間にあり、シャワーを使う際はカーテンを閉めて浴槽の中で浴びることになります。
シャワールーム: 最安値の客室や大浴場付きのホテルはシャワールームのみという場合もあります。欠点とされる事もありますが、短期滞在であればシャワーだけで良いという人も多いので一概に悪くはありません。また、一部のホテルはレインシャワーなど機能を重視している事もあるのでおすすめです。


「各評価点」について
各ホテルには「ユーザー満足度・立地・お部屋・コストパフォーマン」の4つの評価点を表示しています。この内、立地とコストパフォーマンはそのままの内容ですが、ユーザー満足度とお部屋については基準となる点を紹介しています。

ユーザー満足度: 主要な予約サイトの口コミ点数を基準にしています。口コミ点数が何点以上で4など、予約サイトの口コミ点数に比例しています。

お部屋: 客室の広さを中心に内装、高級感、設備、バスルームなど総合的な評価に基づき点数化しています。1~5は以下の通りです。

: 最高級ホテルなど広さ質ともに最高クラスの内容
: 30㎡前後でシティホテルや高級ホテルなど質が高い
: 20㎡前後で2人で宿泊できるレベル。ビジネスホテルであれば広めでバスルームが高機能
: 通常のビジネスホテル
: 10㎡前後で多くの人が狭いと感じる内容


最後に
当サイトでは、より多くの人が質の高いホテルに宿泊できるように取り組んでいます。口コミ評価など様々な指標がある中で、データを中心とした当サイト独自の評価も、ホテル選びのひとつとして活用して頂けると幸いです。



サイト紹介の関連ホテル
  • 掲載内容(ホテル)について
  • 問い合わせ

おすすめページ
【ソウル】ザ グランドホテル 明洞
ソウル
明洞にある客室数50の小規模なホテル「ザ グランドホテル 明洞」。明洞エリアにあるホテルとしては、人気の高いホテルのひとつとなっています。場...
【台北 レビュー】プロバーブズ台北
台北
2015年にオープンした「プロバーブズ台北」。外観からお部屋まで有名デザイナーが設計したこだわりのあるホテルです。客室は全部で42室と小規模...
【香港】ザ ランガムホテル 香港
香港
香港でも有名ホテルのひとつである「ザ ランガムホテル 香港」。世界展開しているランガムホテルズ・インターナショナルの高級ホテルです。特徴とし...