• 東アジア
    【台湾】エバー航空 日本各地から人気の台北へ
  • 中東
    【UAE】エミレーツ航空 ドバイ、ヨーロッパ、アフリカへ
  • 東南アジア
    【シンガポール】シンガポール航空 東南アジア、世界各地へ
  • 東アジア
    【台湾】チャイナエアライン 日本から桃園空港、世界各地へ
  • 東アジア
    【韓国】アシアナ航空 日本各地から人気のソウルへ
  • 東アジア
    【香港】キャセイパシフィック航空 日本から香港、世界各地へ
JAL 評判 日本を代表する航空会社『JAL』。羽田・成田を中心に数多くの国際線を飛ばしており、中国を中心とした東アジア、東南アジア、アメリカ・ハワイ、ヨーロッパへの旅行で利用されています。日本人には定番の航空会社であり、海外へ行く時もJALが良いと考える人は数多くいます。

このページではJAL国際線の評判や口コミ、またエコノミーやビジネスクラスなどの座席紹介も行っています。これからJALを利用する方は、ぜひ参考にご覧ください。




JALの評判

JALは日本だけでなく世界からも高い評価を受けています。英スカイトラックス社から「5スター」に認定されるなどプロの目から見ても優れた航空会社という位置付けです。ただし、5スターの認定は2018年が初であり、2013年から認定され続けているANAよりは少し下という評価です。

もちろん日本人利用者からの評価も高く、主要サイトの点数では5点満点で4.3を獲得しています。アジアの一流会社はもとよりANAよりも高いため、日本人には最も評価されている航空会社といえます。

運航機材

JALの機材は種類が少なく、中型機/大型機である767、777、787が主力であり、中国を中心とした東アジア圏では小型機の737も使われています。また一般の方でも分かりやすい「SKY SUITE」表記のものが優れたシートを搭載しているので、複数便から選択できる場合は「SKY SUITE」表記の便が良いでしょう。【⇒使用機材時刻表】

SKY SUITE ビジネスクラス: 独立型シート
SKY SUITE  エコノミー : 縦・横ともに従来より間隔が拡大

『航空会社の役立つ情報を紹介』
当サイトに掲載している様々な情報は、ユーザーの皆さんへの航空券の紹介で成り立っています。その会社の評判利用者の満足度運航機材の情報などが、航空会社選びの参考になりましたら、ぜひ当サイトからご予約ください。

『航空会社の役立つ情報を紹介』
当サイトに掲載している様々な情報は、ユーザーの皆さんへの航空券の紹介で成り立っています。その会社の評判利用者の満足度運航機材の情報などが、航空会社選びの参考になりましたら、ぜひ当サイトからご予約ください。

エコノミー

Japan Airlines' Economy Class Cabin 標準的なエコノミークラスです。多くの方がこちらのクラスを利用しており、写真は787に搭載されている標準的なシートです(SKY SUITEではない)。国内線の普通席と見た目は同じですが、クッション性のヘッドレストが付いている点が細かな違いです。シートピッチは79cmであり、他社と比べてもやや狭い数値です。

JAL 787 Economy Class view from the back
パーソナルモニターは多くの機材で10.6インチです。737など旧型の機材であれば少し小さめのモニターになります。 こちらがSKY SUITEのエコノミークラスです。「JAL SKY WIDER」という名前が付けられており、カラーも赤と黒に変更されています。特徴はシートピッチが84~86cmもあり、世界の航空会社の中でも最高クラスの広さを誇ります。また横幅も拡大されており、787は一般的な横9列から横8列に減らされているため、横幅+5cmを実現しています。

プレミアムエコノミー

エコノミークラスよりも快適性の高いプレミアムエコノミー。導入は欧米路線を中心に、東南アジアや上海便にも設定されています。料金はエコノミーの1.5~2倍ほどになります。

こちらも機材によってシートが異なり、左が標準的なシート、右がSKY SUITEのシートです。どちらもシェル型なのでリクライニングに気を使う必要はありません。もちろんSKY SUITEの方が優れており、シートピッチが10cm拡大している他、パーソナルモニターの大型化、座席間にバイダーが設けられているなど居住性が上がっています。

ビジネスクラス

上級クラスであるビジネスクラスです。こちらは標準的なシートであり、その中でも左が旧型、右が新型になります。どちらも黒を基調としたスタイリッシュなデザインであり、大きな違いは右のシートはシェル型という点です。リクライニングの際に違いが現れます。

導入路線は左が東京~東アジア(中国・韓国など)の一部の便、右は東京~東アジア・東南アジア・米国・カナダ、そして関空と中部発など多くの便で使用されています。

こちらがSKY SUITEのシートです。Ⅰ,Ⅱ,Ⅲとバージョンが分かれていますが、それほど大きな違いはなく細かな点で一長一短があります。従来のシートと比べるとプライベートな空間づくりがされているので、満足度もこちらの方が高いです。

導入路線は東京~欧米を中心に、アジア圏の一部の便、東京・関空・中部~ホノルル便となっています。

ファーストクラス

こちらが最上位であるファーストクラスです。"JAL SUITE"という名前が付けられており、半個室であるなどビジネスクラスよりもゆとりのある広さとなっています。導入路線は欧米の主要都市です。
まとめ
以上が、JALの紹介でした。

日系の航空会社ということで日本人に適したきめ細かなサービスが人気です。言葉に関しても海外の航空会社とは違い、日本語でのやり取りが基本となるので、初めてや海外に不安を感じる方に良いでしょう。

シートに関しては、特に「SKY SUITE」のエコノミークラスが優れており、シートピッチや横幅が余裕をもって作られています。そのため中距離や長距離で利用する場合は、少し楽に感じるでしょう。一方で、他の航空会社と比べると料金面ではやや高くなっています。

『航空券の予約はサプライス』
航空券を取り扱う会社の中でもサプライスは安さ+安心感を兼ね備えた数少ない予約サイトです。H.I.S.が運営しているという安心感、またH.I.S.の格安航空券に特化したサイトということもあり価格も抑えられています。

定期的にクーポンが発行されているので、時期によってはより安く購入することも可能です。ぜひ、海外航空券の予約はサプライスをご利用ください。

『航空券の予約はサプライス』
サプライスは安さ+安心感を兼ね備えた予約サイトです。H.I.S.が運営しているという安心感、そして定期的にクーポンも発行しているので、そちらも合わせてご利用ください。

JALを使うなら公式ツアーがお得

JALの国際線を使うなら『JAL海外ツアー(JALパック)』がお得。航空券だけでなくホテルもセットになっており、航空券単体で予約するよりも費用がかなり抑えられるのが特徴です。例外として数ヶ月単位の長期滞在や僻地へ行く方には適しませんが、普通の旅行であればJALツアーで予約するのが一般的です。

JAL公式ツアーのため種類が豊富に用意されており、費用を抑えたい人には『お買い得ツアー』が、ゆったりとした旅を望む方には『ビジネス・プレエコで行く旅』が用意されています。ぜひご利用ください。
関連キーワード
東アジアの関連記事
  • 【香港】キャセイドラゴン 香港や東南アジアで利用される低価格航空会社
  • 【香港】キャセイパシフィック航空 日本から香港、世界各地へ
  • 【日本】JAL国際線 日本の主要空港から世界各地へ
  • 【台湾】エバー航空 日本各地から人気の台北へ
  • 【台湾】チャイナエアライン 日本から桃園空港、世界各地へ
  • 【韓国】大韓航空 日本から仁川空港、世界各地へ
  • 【韓国】アシアナ航空 日本各地から人気のソウルへ
おすすめの航空会社