• 東アジア
    【台湾】エバー航空 日本各地から人気の台北へ
  • 東南アジア
    【シンガポール】シンガポール航空 東南アジア、世界各地へ
  • 東アジア
    【台湾】チャイナエアライン 日本から桃園空港、世界各地へ
  • 中東
    【UAE】エミレーツ航空 ドバイ、ヨーロッパ、アフリカへ
  • 東アジア
    【香港】キャセイパシフィック航空 日本から香港、世界各地へ
  • 東アジア
    【韓国】アシアナ航空 日本各地から人気のソウルへ
アシアナ航空 評判 日本と韓国を結ぶ『アシアナ航空』。主にソウルへの旅行で利用されますが、それ以外にも釜山や済州島、また仁川空港を経由して世界各地への旅行でも利用されます。主要空港からは1日に何便も飛ばしている他、国際線の少ない地方空港にも就航しているなど、日本人には馴染み深い航空会社のひとつです。

このページではアシアナ航空の評判や口コミ、またエコノミーやビジネスクラスなどの座席紹介も行っています。これからアシアナ航空を利用する方は、ぜひ参考にご覧ください。
このページにはレビューがあります⬇





アシアナ航空の評判

アシアナ航空は世界的にも高い評価を受けています。英スカイトラックス社から10年連続で「5スター」に認定されるなど一流航空会社という位置付けであり、日本のANAに近い存在です。

また日本人利用者からの評価も高く、主要サイトの点数では5点満点で4を獲得しています。日本語が比較的通じる点や、日本~韓国の短距離便でも機内食が出る点、またヨーロッパ便などであれば機材が充実している点で評価されています。

運航機材

アシアナ航空は日本各地の空港に就航しており、便数が多いため機材にバラつきがあります。日本路線の中心は小型機のA321であり、地方空港はもちろん主要空港であってもこちらがメインとなります。ただし、アシアナのA321にはパーソナルモニターが搭載されていることが多く、この点は他社の小型機とは大きく異なる点です。

この他にも主要空港であれば中型機・大型機のA330、A350、A380、767、777、787でも一部運航されています。また仁川空港から東南アジアや欧米へ行く際は、これらの中型機・大型機がメインになります。

『航空会社の役立つ情報を紹介』
当サイトに掲載している様々な情報は、ユーザーの皆さんへの航空券の紹介で成り立っています。その会社の評判利用者の満足度運航機材の情報などが、航空会社選びの参考になりましたら、ぜひ当サイトからご予約ください。

『航空会社の役立つ情報を紹介』
当サイトに掲載している様々な情報は、ユーザーの皆さんへの航空券の紹介で成り立っています。その会社の評判利用者の満足度運航機材の情報などが、航空会社選びの参考になりましたら、ぜひ当サイトからご予約ください。

エコノミー

170406LAXtoICNtoTPE11 最もスタンダードなエコノミークラスです。多くの方がこちらのクラスを利用しており、ソウルまでの料金は2万~4万円が目安です。シートピッチはA321(日本路線の主力)は79~81cmとされており標準的な広さです。長距離便など良い機材であれば83~86cmまで拡大されます。

Asiana (IMG_2950)
パーソナルモニターは多くの機材に搭載されていますが、一部のA321には搭載されていません。




エコノミー(足楽シート)

一部の機材には"足楽シート"というものが設定されています。名前の通りエコノミーよりも足元が広い席であり、シートピッチが+16cm以上になります。シート自体は同じのため一見分かり辛いですが、エコノミーの前方部分に設置されており少し快適性が上がります。日本路線では+2,000円で利用可能です。




ビジネスクラス

Asiana Airlines 上級クラスであるビジネスクラスです。アシアナ航空のビジネスクラスは全般的にそれほど優れてはいません。特に日本路線に入っているA321はシートピッチが狭く100cm前後しかありません。他社のビジネスクラスであれば130cmほどの間隔があるため、かなり狭いつくりになっています。ソウルまでの料金は4.5~8万円が目安です。

Asiana OZ711 Business
中型機であればシートピッチは134cm以上になるので、他社と同じ水準になります。また背面もシェル型になるので、リクライニングも後ろを気にせず倒しやすくなります。


長距離向けの大型機や最新鋭のA350などであれば独立型のシートが設置されています。日本路線ではあまり利用できませんが、仁川経由で東南アジアや欧米へ行く場合はこちらの確率が高くなります。




ファーストクラス

こちらが最上位であるファーストクラスです。A380にのみ設置されており、不定期で日本線にも入りますが基本的には利用する機会はほとんどないでしょう。主に欧米路線に投入されておりので、そちらでご利用いただけます。




まとめ
以上が、アシアナ航空の紹介でした。

日本~韓国線は1,2時間程度の短距離路線であたるため、あまり機材にこだわる必要はありませんが、全般的に優れた機材では運航されていません。特にA321のビジネスクラスはあまり評価が良くないため、主要空港であればA330などを選んだ方が良いでしょう。

一方でサービス面での評価は良好であり、日本語も比較的通じることから初めてでも利用しやすい航空会社です。日本人の利用も多いので、不安に感じている方は特に気にする必要はないでしょう。

『航空券の予約はサプライス』
航空券を取り扱う会社の中でもサプライスは安さ+安心感を兼ね備えた数少ない予約サイトです。H.I.S.が運営しているという安心感、またH.I.S.の格安航空券に特化したサイトということもあり価格も抑えられています。

定期的にクーポンが発行されているので、時期によってはより安く購入することも可能です。ぜひ、海外航空券の予約はサプライスをご利用ください。

『航空券の予約はサプライス』
サプライスは安さ+安心感を兼ね備えた予約サイトです。H.I.S.が運営しているという安心感、そして定期的にクーポンも発行しているので、そちらも合わせてご利用ください。
ソウルの良質なホテル特集
これから韓国へ旅行する人にとって航空会社以上に重要なのがホテル選びです。ホテルは長い時間滞在する場所なので、ホテル選びに失敗すると旅行自体が悪い思い出になってしまいます。

このページではソウルにある良質なホテルを紹介しています。満足度客室立地など様々な観点から厳選したホテルを紹介しており、またその他にも「格安」「高級」などの価格別、「日系」や「新規開業」などの項目からもホテル情報を得ることができます。ぜひ、あわせてご覧ください。

レビュー

エコノミークラス

こちらではアシアナ航空のエコノミークラスを紹介しています。これから日本~韓国線を利用しようと考えている方は参考にご覧ください。

紹介するの小型機であるA321です。日本路線に多く投入されている機体であり、主要空港であっても一部の便はこちらの小型機が使われています。

座席は3-3の配列です。シートは比較的新しいものが搭載されているので古さを感じることはないでしょう。

シートピッチもしっかりと確保されており、大型機などの良い機材と比べても特別劣る点はありません。

シートモニターは標準的なサイズのものが設置されており、短いフライト時間ですが映画も楽しむことができます。ただし、同じA321でも古いタイプの機材であればモニターが付いていない場合もあります。

機内食は時期や路線によって異なりますが、こちらは福岡~仁川線の食事です。短距離路線のため量は多くありませんが、味は美味しく日本人の口にも合います。付属のソースを付けなければ辛いということもありません。

日本から韓国へは2時間程度で到着します。仁川空港到着の場合は、目的地がソウルの方はそのまま入国へ、乗り継ぎの場合は案内にしたがって乗り継ぎゲートへ移動します。

以上が、A321のエコノミークラスの紹介でした。小型機でありながらも設備等はしっかりしているので、2時間程度のフライトであれば何も問題ないでしょう。ただし、中型機・大型機とは異なり座席数が少ないので混む確率が高いです。空席がありくつろげるという可能性は低いでしょう。
関連キーワード
東アジアの関連航空会社
  • 【日本】JAL国際線 日本の主要空港から世界各地へ
  • 【香港】キャセイパシフィック航空 日本から香港、世界各地へ
  • 【台湾】エバー航空 日本各地から人気の台北へ
  • 【台湾】チャイナエアライン 日本から桃園空港、世界各地へ
  • 【韓国】大韓航空 日本から仁川空港、世界各地へ
  • 【韓国】アシアナ航空 日本各地から人気のソウルへ
おすすめの航空会社