• 東アジア
    【香港】キャセイパシフィック航空 日本から香港、世界各地へ
  • 東南アジア
    【シンガポール】シンガポール航空 東南アジア、世界各地へ
  • 東アジア
    【台湾】チャイナエアライン 日本から桃園空港、世界各地へ
  • 東アジア
    【台湾】エバー航空 日本各地から人気の台北へ
  • 中東
    【UAE】エミレーツ航空 ドバイ、ヨーロッパ、アフリカへ
  • 東アジア
    【韓国】アシアナ航空 日本各地から人気のソウルへ
ベトナム航空 評判 日本とハノイ・ホーチミンを結ぶ『ベトナム航空』。近年人気が高まっているベトナム旅行をはじめ、東南アジアへの乗り継ぎにも利用されます。日本の主要空港に就航していることから使い勝手が良く、また料金も安いことから利用しやすい航空会社です。

このページではベトナム航空の評判や口コミ、またエコノミーやビジネスクラスなどの座席紹介も行っています。これからベトナム航空を利用する方は、ぜひ参考にご覧ください。
このページにはレビューがあります⬇
ホーチミン行き 12月





ベトナム航空の評判

ベトナム航空は英スカイトラックス社から「4スター」に認定されており、プロの目から見ても上々の評価を得ています。主要サイトの点数では5点満点で3.7を獲得、東アジアの航空会社(エバー、アシアナなど)と比べると一段劣りますが、東南アジアの航空会社としては標準的な値です。

ベトナム航空タイ航空マレーシア航空シンガポール航空
Skytrax評価☆4☆4-☆5
ユーザー評価3.73.93.54.2

良い点は日本路線であれば多くがA350などの最新鋭の機体が投入されていること、一方で悪い点は日本語が基本的には通じないこと、ベトナムからのフライトが深夜なので疲れが溜まることがあげられます。また料金が安い事もあり、常に満席に近い状態で運航されています。

運航機材

日本路線には良い機体が投入されていますが、主要路線とそれ以外で機体は変わります。主要路線にはA350や787など良い機体が使われており、それ以外には小型機のA321が使用されています。小型機にはシートにモニターが無いのでその点で満足度が低くなっています。

機体満足度エコノミービジネス日本路線
A350787高い◎ (独立)多い
A321低い△ (2列)普通

A350,787: 羽田・成田・関空・(中部)⇔ハノイ・ホーチミン
A321: 福岡・(中部)⇔ハノイ・ホーチミン
A321: 羽田・成田・関空⇔ダナン
A321: ベトナム⇔東南アジア各地

多くの人はハノイ・ホーチミンまでは良い機材に乗れて、ベトナムを経由してシンガポールやバンコクなどへ行く際は小型機という事が多いです。

『航空会社の役立つ情報を紹介』
当サイトに掲載している様々な情報は、ユーザーの皆さんへの航空券の紹介で成り立っています。その会社の評判利用者の満足度運航機材の情報などが、航空会社選びの参考になりましたら、ぜひ当サイトからご予約ください。

『航空会社の役立つ情報を紹介』
当サイトに掲載している様々な情報は、ユーザーの皆さんへの航空券の紹介で成り立っています。その会社の評判利用者の満足度運航機材の情報などが、航空会社選びの参考になりましたら、ぜひ当サイトからご予約ください。

ベトナム・ホーチミンどちらが良いか

ベトナムを経由して東南アジア各地へ行く場合、ハノイ経由にするかホーチミン経由にするかどちらか迷う人は多いでしょう。もし料金が同じであれば所要時間と使用機材の2つで決めるのが良いです。ハノイの空港の方がやや大きくて近代的ですがそれほど差はありません。(写真↑ハノイ ↓ホーチミン)

ただし、ホーチミンの空港はイスが少ないです。ハノイは通路などにも豊富にイスが用意されていますが、ホーチミンはそれがないので必然的に搭乗口付近が混み合います。出発の数十分前には全席が埋まっており立っている人もいる状態です。その点ではハノイの方がゆとりがあって良いです。

エコノミー

多くの方が利用するエコノミークラス。ハノイ・ホーチミンまでの料金は3万~6万円が目安です。シートピッチは80cm前後とされており、国際線の機材としては標準的な広さです。A350や787であれば10インチのパーソナルモニターが設置されており日本語にも対応しています。

Interior of a civil aircraft
小型機のA321にはパーソナルモニターが搭載されていません。主に日本発のダナン行き、ベトナムから東南アジア各地の路線で使用されています。

プレミアムエコノミー

A350と787にはプレミアムエコノミーが設置されています。そのため、日本⇔ベトナム間であれば多くの便でプレミアムエコノミーが利用可能です。料金はハノイ・ホーチミンまで10万円前後。配列は2-4-2でエコノミーより1席少なく、シートピッチは96cmあり、エコノミーの80cmと比べると余裕があります。

ビジネスクラス

上級クラスであるビジネスクラス。座席は機材によって異なりA350と787は写真のように独立しています。前者がスタッガード、後者がヘリンボーンで多少の違いはあるものの両者共に快適に過ごすことができます。A321は昔ながらのビジネスシートです。料金はハノイ・ホーチミンまで15万円が目安。
ベトナム航空のビジネスクラス特集 >>> H.I.S.
まとめ
以上が、ベトナム航空の紹介でした。

日本からの主要路線であればA350や787が利用できるので、比較的快適に過ごすことができます。パーソナルモニターは大きく、日本語対応の映画も豊富に用意されているので、安い料金でありながらも良い環境が整えられています。

一方で常に満席に近い状態なのでエコノミーであればやや息苦しさもあるでしょう。またベトナムからの帰国便は深夜のフライトなので疲れも溜まります。それでも全般的にはかなり良い航空会社です。

搭乗記ブログ

レビュー

エコノミー 787-9

こちらではベトナムのエコノミークラスを紹介しています。これから日本~ベトナム、またベトナム~東南アジア各地への利用を考えている方は参考にご覧ください。

紹介するのは新しい機材である787-9。日本路線ではA350の方が使用されていますが、どちらも新しい機材なので内容はほとんど変わりません。

座席は3-3-3の配列。シート色は水色で清潔感があります。印象としてはクッションがしっかりしているので座ると柔らかさを感じます。

シートモニターは大きく発色も良いので快適に映画を見ることができます。日本語対応の作品も豊富に用意されています。

機内食は路線によって異なりますが、左が福岡→ハノイ、右がハノイ→クアラルンプールです。どちらも日本人に合う味付けで、デザートも付いているなど充実した内容です。

以上が、787の紹介でした。日本路線に多く投入されているA350ともほぼ同じ内容です。新しい機材ということでディスプレイが大きく、映画コンテンツが充実している点が特徴。混んでいる可能性は高いですが、日本~ベトナムの中距離のフライトでも快適に過ごすことができます。

エコノミー A321

主に日本~ダナン、ベトナム~東南アジア各都市で運航されているA321。日本人であればハノイ・ホーチミンから東南アジアへの乗継便で利用する機会が多いでしょう。

配列は3-3。見た目からも分かる通りシートは古いタイプです。

不評の理由はシートモニターが付いていない事にあります。2時間程度の乗継便であればそれほど問題はありませんが、日本~ダナンは5時間かかるので映画などが見れないと暇に感じるでしょう。

以上が、A321の紹介でした。モニターが付いていないので長時間のフライトは辛いですが、一方で人気が低いので最新鋭の機体と比べると空いている可能性があります。エコノミーの場合、混雑具合は大きく影響してくるので、その辺りも考慮するとあえて選ぶのも選択肢としてはありかもしれません。
ホーチミン行き 12月

東南アジア 航空会社

東南アジア 航空会社
関連キーワード
東南アジアの関連記事
  • 【タイ】タイ航空 人気のバンコク・プーケットへ
  • 【ベトナム】ベトナム航空 ハノイ・ホーチミンから東南アジアへ
  • 【シンガポール】シンガポール航空 東南アジア、世界各地へ
おすすめの航空会社