国の中枢の間近にある「ザ・キャピトルホテル東急」。2010年に建て替えが完了し、新たにタワー型のホテルとして生まれ変わりました。他の高級ホテルと比べて”和”の部分が強調されており、木のぬくもりや周辺にある緑など、日本の伝統を感じさせてくれるホテルです。

ホテルがあるのは国会議事堂前です。最寄りの溜池山王駅から徒歩1分、周辺には首相官邸や議員会館などが立ち並ぶ政治の中枢エリアであり、ビジネスや観光に良いでしょう。

詳細地図
お部屋の広さ45㎡~
トイレ上位モデル バスタブ全室あり(洗い場あり)
開業1963年 リニューアル2010年
規模中規模 部屋数251室
41,000



【東京の最高級ホテルを利用される方へ】
外資系ホテルを中心とした最高級ホテルの多くは、「楽天トラベル」や「じゃらん」からの予約はできません。一般的なホテルとは異なり取り扱い自体がありません。

そのため、これらのホテルを予約する際は、グローバルスタンダードのExpediaやHotels.com、国内サイトであれば唯一取り扱っている一休.comをご利用ください。



お部屋
お部屋は日本の”和”を取り入れた落ち着いた空間となっています。障子や明かりなどに日本的な要素を取り入れているため、外資系ホテルとは異なる、日系ホテルならではの雰囲気が漂います。

広さは45㎡以上であり広々とした空間となっています。角度によっては、国会議事堂を見ることができるなど、他のホテルでは味わえない特別な体験もできます。

バスルーム
バスルームは一般的な明るい雰囲気とは異なり、黒を基調とした引き締まったデザインとなっています。また、バスタブの隣には洗い場が設けられています。

その他
屋内には美しいつくりの20mプールが設けられています。この他にもジャグジーやフィットネスセンター、スパが設けられています。

食に関しては日本料理や中国料理など計3つのレストランがあり、バーも1つあります。詳しくは【レストラン一覧】をご覧ください。

まとめ
以上が、ザ・キャピトルホテル東急でした。

“日本”を感じさせながらも現代的な高級ホテルであり、他ではなかかな味わうことのできない特別なホテルとなっています。また、周辺が政治の中枢であるということからも格式の高さを感じることができるでしょう。年配の方や落ち着いた滞在を望まれる方におすすめのホテルです。
【外資系の高級ホテルは一休.comで】
【外資系の高級ホテルは一休.com】
ユーザー満足度4★★★★☆ お部屋5★★★★★
立地4★★★★☆ お部屋の広さ5★★★★★
41,000


【このホテルの最安値は!?】
「最安値チェック」ボタンから、こちらのホテルの宿泊費が比較できます。簡単に最安値が見つかる、価格比較システムをぜひご利用ください!
最終更新日: 2917年3月23日