東京でも有数の老舗ホテル「パレスホテル東京」。東京駅周辺は外資系ホテルが多数進出しており、競争の激しいエリアですが、こちらのホテルは2012年に建て替えを行ったこともあり、宿泊者から高い評価を受けています。”和製ラグジュアリー”として、伝統とモダンを組み合わせたホテルとなっています。

場所は大手町です。目の前には皇居があり、まさに東京の玄関口という場所に位置します。最寄りの大手町駅から徒歩2分、東京駅から徒歩8分の距離です。

詳細地図
お部屋の広さ45㎡~
トイレ上位モデル バスタブ全室あり(シャワーブースあり)
開業1961年 リニューアル2012年
規模中規模 部屋数290室
52,000



【東京の最高級ホテルを利用される方へ】
外資系ホテルを中心とした最高級ホテルの多くは、「楽天トラベル」や「じゃらん」からの予約はできません。一般的なホテルとは異なり取り扱い自体がありません。

そのため、これらのホテルを予約する際は、グローバルスタンダードのExpediaやHotels.com、国内サイトであれば唯一取り扱っている一休.comをご利用ください。



お部屋
お部屋は落ち着いたデザインとなっています。日系のホテルですが、”和”のテイストはカーペットなど一部に留まるため、全体で見ると外資系ホテルと同じくモダンでラグジュアリーな空間となっています。

広さは45㎡以上あるため、このクラスとしてはスタンダードであり十分な広さといえます。そして、角度によっては窓から皇居を望むことができるため、他のホテルでは味わえない特別な体験をすることができます。

バスルーム
全室にバスタブとシャワーブースが設置されています。美しいデザインであり、現代的な”美”を意識したつくりとなっています。

その他
日系ホテルということもあり、日本食のレストランが充実しています。お寿司や天ぷら、日本料理や鉄板焼きなどを楽しむことができ、その他にもフレンチや中華など計7つのレストランが入っています。詳しくは【レストラン一覧】をご覧ください。

施設面では、日本初上陸となる「evian SPA」が楽しめます。ミネラルウォーターで知られる「エビアン」であり、”水を通じての健康づくり”をテーマに様々な体験をすることができます。この他にも、ジャグジーも備えた20mの屋内プールも設けられています。

まとめ
以上が、パレスホテル東京でした。

2012年の建て替え後にグッと評価を上げたホテルであり、宿泊者の満足度は東京でも三本の指に入ります。館内は、日本の老舗ホテルらしさを残しつつも現代風に進化した素晴らしい空間であり、皇居を望むことができるなど日本らしい体験ができます。施設面でも、スパやプールなどが備えられているため充実した滞在となるでしょう。
【外資系の高級ホテルは一休.comで】
【外資系の高級ホテルは一休.com】
ユーザー満足度4★★★★☆ お部屋5★★★★★
立地5★★★★★ お部屋の広さ5★★★★★
52,000


【このホテルの最安値は!?】
「最安値チェック」ボタンから、こちらのホテルの宿泊費が比較できます。簡単に最安値が見つかる、価格比較システムをぜひご利用ください!
最終更新日: 2017年3月23日