2017年開業の「JRゲートタワーホテル」。名古屋の一等地にあるため、話題性の高いホテルとなっています。形態としては宿泊主体型のため、同じくJR東海ホテルズが運営するマリオットアソシアとは差別化が図られており、より気軽に利用できるホテルという位置付けです。

詳細地図
お部屋の広さ20㎡~
トイレ最新 バスタブ全室あり
開業2017年
規模中規模 部屋数350室
13,000



【名古屋へ行くなら楽天トラベル】
1、多くの人が利用!
国内最大規模のホテル予約サイトである楽天トラベルは、多くの方々に利用されています。ぜひ、宿泊予約は楽天トラベルをご利用ください。

2、航空券と一緒がお得!
名古屋への交通手段としてJALやANAと、ホテルをセットで予約することで旅行費全体がお得になります。予約も一括で行うので時間短縮に!ぜひ、楽天トラベルの「航空券+ホテル」セット予約をご利用ください。




場所は名古屋駅に隣接するJRゲートタワーです。エレベーターで15階まで上がると、一番奥にホテルの入り口が見えてきます。

ガラス張りの開放感のある空間が広がります。チェックインを行うフロントに関しては、シティホテルではないためそれほど広くはありません。

お部屋(モデレートダブル)
今回紹介するのは最もリーズナブルな「モデレートダブル」です。ダブルルームなので2人まで利用可能ですが、基本的には出張など1人で利用される方がメインとなります。2人で利用される方は、ツインルームなどの上級タイプがおすすめです。

お部屋は白やベージュ、木目調を取り入れた明るい空間です。高級感ではなく居心地の良さが重視されています。広さは20㎡あるため、ビジネスホテルの1.5倍近くになります。

広さに関しては1人で利用するなら十分といえるでしょう。ベッド横には座ったり、荷物を置いたりできるスペースが設けられています。

デスクはビジネスホテルと同程度であり、あまり広くはありません。ただし、目の前の窓からは名古屋を一望できるため、非常に良い環境で作業をすることができます。

ネット環境ではWi-Fiと有線LANが使用できます。速度は下り4Mbps、上り6Mbps程度であり、数字上は速くありませんが、動画なども快適に見ることができるため、特に不満に感じることはないでしょう。

テレビは東芝製の40インチ程度のものが設置されています。HDMIが利用できます。また、各部屋にはタブレットが設置されており、こちらで照明や空調の操作ができます。

全てのお部屋が18~24階に設けられているため、窓からは名古屋市内を見渡すことができます。こちらは桜通口ですが、反対側であれば新幹線を見ることもできます。

バスルーム
バスルームの紹介です。今回紹介する「モデレートダブル」だけがユニットバスとなります。上級タイプであれば、バスタブの横に洗い場が設けられておりトイレも独立型です。

ただし、こちらのユニットバスでも一般的なホテルよりも広さがあるため、内容としては悪くありません。

新しいホテルということもあり清潔感の高さは際立っています。バスタブも完全に足を伸ばして入る事ができるため優れた内容です。

その他
食事に関してはレストラン「THE GATEHOUSE」が利用できます。朝食からランチ、夕食までを提供しており、名古屋の食材を使用した料理を楽しむことができます。

まとめ
以上が、JRゲートタワーホテルでした。

高級感ではなく、快適性や居心地の良さに重きを置くホテルです。ただし、建物自体がかなりしっかりしているため、体感的には高級ホテルと何ら変わりありません。お部屋に関しては清潔感の高さや設備等も新しいため、まず不満に感じることはないでしょう。

立地も良く、低層階にはユニクロやビックカメラ、飲食店も数多く入っているため、何をするにも便利な場所です。出張、観光など幅広く利用できるホテルとなっています。
【ホテル予約は国内最大規模の楽天トラベル】
【ホテル予約は国内最大規模の楽天トラベルで】
ユーザー満足度3★★★☆☆ お部屋4★★★★☆
立地5★★★★★ お部屋の広さ2★★☆☆☆
13,000

【こちらのホテルは楽天トラベルで】
こちらのホテルを予約される際は、ぜひ安心の楽天トラベルをご利用ください。国内最大規模のホテル予約サイトなので多くの方が利用しています。ホテル予約は安心の楽天トラベルで!
【このホテルは楽天トラベルで】
こちらのホテルは、ぜひ安心の楽天トラベルをご利用ください。

国内最大規模のホテル予約サイトだから多くの人が利用!ホテル予約は安心の楽天トラベルで!
最終更新日: 2017年6月16日